【新商品】真空低温調理によるしっとり食感!厚切りローストポークステーキ|豚肉食堂

ローストポーク

沖縄市泡瀬にある生姜焼きとトンカツのお店 豚肉食堂 泡瀬店。文字通りこれまで様々なスタイルの生姜焼きトンカツをご提供しておりますが、このたび5月1日(火)にリリースされる待望の新商品は、生姜焼きでもトンカツでもない第3のジャンル。それがコチラ↓

ローストポークステーキ

オリーブ豚肩ロースの厚切りローストポークステーキ定食 980円(税別)

豚肉食堂が扱っている豚肉といえば「オレイン酸を豊富に含むオリーブオイル(ポマス)を混ぜた特別飼料で飼育され、日本人好みの味になるように品種をかけ合わせたスペイン発の三元豚」オリーブ豚(ポーク)

オリーブポーク

そのオリーブ豚の繊細な肉質を存分に味わえるように、今回ステーキというド直球なジャンルを選びました。

「なんだ豚テキじゃん」

と思ってしまった方、ちょいとお待ち下さい。ただのポークステーキじゃないんですコレ、商品名をよくご覧ください。「ローストポーク」…って書いてあるでしょ? そうです、ローストビーフのポーク版です。

豚肉ってしっかり火を通さなくちゃいけないので、ついつい水分が抜けてパサついたり、厚切りにしようと思うと食感が硬くなってしまいがちです。今回目指したのは、しっとりと柔らかく厚切りで食べ応え満点のポークステーキ、そこでたどり着いた答えがローストポークというわけです。

ちなみにWikipedia先生でローストポークを調べると…

豚肉は牛肉よりも水分含量が多く肉質が緻密でないため、火の通りが早く加熱時の変化が急激である。従って、塊肉を適切な状態で仕上げるためには緩やかに加熱する必要がある

「緩やかに加熱」、熱心な豚肉食堂ファンならピンときましたね(・∀・) ここで登場するのが豚肉食堂お得意の真空低温調理というわけです。

真空低温調理
肉質に大革命を起こす「真空低温調理」

しっかりと安全に加熱されながらも肉の繊維を壊さず保水性を保つ真空低温調理なら、しっとりと柔らかい食感ととろけるような肉の旨味を最大限に引き出す理想のローストポークを実現することができました。

肉の分厚さは2.5cmと食べ応え満点。相性抜群の生たまねぎをすりおろした自家製オニオンソースとご一緒にお召し上がりください。

コチラの商品は定食になっており、ご飯(白米/豚飯からチョイス)・汁物(中身汁/味噌汁からチョイス)・小鉢2品が付きます。ちなみにご飯は白米であればおかわり自由です。

さらにパンチが欲しいという方のために、刻みにんにくてんこ盛りのガーリックバージョンもご用意しておりますので、お好みでお選びください。

リリース開始日:5月1日(火)から

 

併設の「鳥と卵の専門店・鳥玉」ともども豚肉食堂をよろしくお願いいいたします。

鳥玉・豚肉食堂

店名生姜焼きとトンカツのお店・豚肉食堂
鳥と卵の専門店・鳥玉
営業時間11:00〜22:00
住所沖縄県沖縄市泡瀬4-21-12
TEL(098)989-8122